全カテゴリアーカイブ 3 / 7

初心占い師ほたるのトークを追加しました。ネットワーク更新で取得可能です。
寝ていてもうちわが動くガールの話。

伺かとか、あるいは繰り返し見る可能性の高い会話形式のコンテンツの場合、最初に見た時は「?」て思うけど、また見たら「あぁ……そういう面白さだったのかこれ」ってなるようなトークが色んな意味でいいトークなのかもしれない、と思っているところがあり、そういう意味では今回のトークはそういうトークかもしれません。別に何か深みのあるトーク、というのではなく単純に少しわかりにくいトークです、ということなのですが、まあ私ももう三十代も後半になってしまっているので、若に時代特有のあまり意味もないこだわりというものもありません。もしかしたらハートマークも初めて使ったかもしれない。

さて、三十にして立つ、四十にして惑わず、という言葉があります。前述の通り私は三十代をあと数年で終わるというフェーズを迎えているのでもうかなり立っているはずなのですが、それでもなお言葉の意味の思い違いをしていることが少なからずあったりします。なので、今回も念のため「寝ていてもうちわの動く親心」という川柳の解釈を調べてみたのですが、案の定、思っていたのと違う解釈がありました。
おそらく一般的には「暑い中、赤ちゃんが涼しく眠れるようにうちわであおいでいる」と読まれると思うのですが、渡辺信一郎著「江戸川柳」(岩波書店)を引用するコラムによると、乳を飲んで寝込んだ赤子に添い寝している母親もウトウトとし、それでも赤子にたかる虫を寄せ付けないようにと、手にした団扇だけは扇ぎ揺らせているという光景で、赤子に対する母親の気遣いの様子が描かれています。それとともに、赤子に風を送り涼しくしているとも考えられます。とのこと。
上記がこのコラム筆者の独自見解なのか、書籍にそう書かれていたのかは定かではありませんが、普通は何らかの知見がなければ「うちわであおぐ=虫を寄せ付けないため」とは解釈しないと思うので、書籍の中でそう紹介されているんだろうなぁと想像します。なるほどその機能があったか。
しかしその一方で、赤ちゃんが冷えすぎない程度の風圧を発生させたところで虫は退散してくれるもんだろうか? 向かい風に耐えて赤ちゃんにたかってくるのではないだろうか? とも思うわけですが、夏の虫と言えば蚊、あいつら見た目にもそんなに頑丈ではなさそうなので、意外と風を送るだけでもいけるのかもしれません。
あるいは江戸時代の川柳なので、当時の衛生状況を考えると蚊よりも蝿のほうがウザがられていた可能性もあり、であればあいつらちょっと気配をちらつかせただけでも飛んでいってしまうので、やっぱりうちわは蚊というより蝿シフトなのかもしれません。
いやあ、文芸作品は時代背景を踏まえて読むのが重要なんですね。ちょっぴり立ちました。

コラムの方にもうちわについて思うところを書いていますので、よろしければお読みください。
プラスチックうちわが如何に切ない存在なのかを説明する前半
厚紙うちわがなぜ日本うちわ協会に公認されないのかについてを考察する後半

コラム

2021/06/06

うちわ(2)

 昨日は、プラスチックうちわという存在の切なさについて説明しました。

 ところで皆さんは、「円い厚紙に親指を通す穴を開けただけ」のうちわをご存じでしょうか。
 日本うちわ協会がこのいわば厚紙うちわを指して、「厚紙を円形に切り抜いたものをうちわと呼称することを一切公認しない」と声明を出したといいますが、私はこれは当然の成り行きだったと考えています。

 そもそもうちわというのは、漢字で「団扇」と書き、団は「円い」という意味です。
 そういう意味では厚紙うちわは円いわけですが、もう一つの「扇」という条件を満たしているとはいえません。
 それは、扇のように、ボディに骨が通っていないから――というわけではありません。
 扇の本質は、つまり扇を扇たらしめているのは、「風を作ることに適した形状・材質である」ということです。

 あれは厚紙なので、手に持って振れば、風は起こります。
 しかし、いざ涼を取ろうと思って使おうとすると、比較的難しいということがわかります。持つ部分が何の補強もされておらず、しかも穴を開けてあるためにむしろ脆弱になっており、ふにゃふにゃしてしまうからです。強く振ることができないのです。
 したがって、うまく風を起こすことができず、至極シンプルに「扇としての条件を満たしていない」と言えます。これでは日本うちわ協会からそっぽを向かれるのも無理もありません。

 それならば、学生さんにお馴染みの下敷きはどうでしょうか。
 あれは厚紙と違い、しっかり持って振ればそれなりの風が起こります。実際うちわ代わりによく使われているのはご存じの通りで、私も夏の学校生活においては、休み時間中おとなしめにずっとフコフコとやっていましたし、何も気にしない人はずっとパコパコとやっていた記憶があります。
 しかし、涼を取れるほどの風を起こせるから扇の一種といえる――というわけではありません。
 繰り返しになりますが、重要なのは形が既存の扇と似ているかではなく、「風を起こすのに適しているか」という点です。その点で下敷きは、全体に硬質なのでしなりが弱く、風を効率的に作ることができません。たくさん風を作ろうと強く振ればとても疲れますし、割れてしまう危険もあります。

 逆説的ですが、扇はその本質を満たすため、持つ部分はしっかりと固く持ちやすく、風を作る平たい部分はよくしなるよう弾力があり、かつやわらかくなっているのです。
 骨に紙を張ったあの形は、蒸し暑い日本でできるだけ涼しく過ごしたい、そういう昔の人の想いが生んだ傑作の一つ――そのように日本うちわ協会の要綱でも語られていますし、私もそう思います。

 一方の厚紙うちわは、穴を開ければしっかり振れない、しかし穴を開けないともはやただの円い厚紙でしかない――そういうジレンマの無限ループに陥っています。そしてそれを解決しているように見えるのが、ときどき目にする、親指の穴があるべき部分にミシン目加工が施されており、穴を開けたければここを自分で開けてね――というスタイルのやつです。
 これは使用者に自由を与えるためのものではありません。プラスチックの柄を付けない新型うちわってどうでしょう? と宣伝するうちわ業者と、穴の代わりにミシン目を入れてクーポン券にすれば経費浮くじゃん、という発注者の都合とがマッチングした結果に過ぎないのです。そしてそれはうちわたちが、扇としての最後のプライドである持ちやすさへの配慮、優しさ、思いやりすら奪い去られた成れの果ての姿――すなわち、うちわが地獄に落ち、もがく姿なのです。

 地獄に落ち、ただの円い厚紙になってしまったうちわたちを、もはや助けてあげることはできません。
 私は私の部屋で、それでも涼しい顔をしているプラスチックうちわを、大丈夫だよ、この世界はこわくないよ、と言い聞かせつつ、抱きしめて共に眠ってあげることしかできないのです。
 切ないじゃありませんか。

コラム

2021/06/05

うちわ

 部屋にうちわを常備しました。

 本来であれば竹や和紙で作られた趣のあるうちわをチョイスするところなのですが、なぜか今の私の部屋には黄色いバックグラウンドに変なさるが描かれたプラスチックうちわしかありません。

 竹や和紙で作られたうちわは、たおやかではんなりとした浴衣女子のイメージです。
 しかしプラスチックうちわにはそんなオーガニックな要素は何一つありません。無表情な無機質女子を彷彿とさせます。 「私が扇ぐ――風が動き始める――あなたに涼しさをもたらす。これは因果律で説明がつく――」といった声が聞こえてくるような気がします。

 そんなプラスチックうちわですが、かつては家電量販店などでノベルティとしてよく配られていました。
 すなわち、大量生産される広告の一種ともいえます。
 しかしうちわの形をして生まれてきた以上、彼女もまたうちわであることには違いないのです。

 ――私は何のために生まれたのだろう?
 家電量販店の宣伝のため? それとも納涼のため?
 私はうちわの姿をした広告? それとも広告を刷られたうちわ?
 どちらも大して変わらない、どちらにしても私はキミに嘘をついてる――。

 自らの存在意義に起因する終わらない苛立ちを今日も心の奥に押し込めて、今日も彼女は半裸の持ち主に上下に振られているのかもしれません。

 いつだったか「最終兵器彼女」という漫画がありました。
 このケースではまさに「販促団扇彼女」ということなのです。
 切ないじゃありませんか。

初心占い師ほたるのトークを追加しました。ネットワーク更新で取得可能です。

ほたるの全財産はそもそもビンところかワンカップ大関の底が埋まるかも非常にあやしいレベルに違いないので、ビンに入れてとっておけないの? という発想はおそらく「みんなお金には困ってるようだし、自分と大して変わらないくらいじゃないかな」と思っているが故のことであり、まさか街を往く人々が少なくとも一時間に800円、多ければ月に何十万とかいうお金を手にしているなんて思いもよらないのかもしれません。しかしそれを知っているマスカレードは「普通の人の全財産はビンでは足りない」というツッコミを入れる、そういう世知辛いトークになっております。

ということなのですが、実のところ「一般的に入手できる範囲の大きめの瓶に、全財産を札で入れる」という条件なら、大抵の人は入りそうです。紙の帯で巻かれている100万円の束の厚みは1センチ、かつ1万円札のサイズは長辺16センチ・短辺7.6センチなので、ビンの入口の窄まりはひとまず無視するとして、底が8センチ四方、高さ16センチくらいの容量の四角いビンの中には最大800万円が入ることになります。昔の大きめのインスタントコーヒーの瓶がちょうど該当するんじゃないでしょうか。ただ、いつかは口から取り出す必要があることや、紙幣の皺や折れ曲がり等による隙間の発生も考えると、現実的には500万円くらいの単位で瓶を用意する運用になるかもしれません。

インスタントコーヒーの瓶ですら800万円入るわけなので、梅酒を漬ける瓶とか、長崎の葬式でお供えする砂糖瓶とか、そういったラージサイズなら全財産入る確率はかなり高いといえます。自分の輝かしい将来を見越してポリタンクとか持ち出してくればもう確実に入るわけですが、灯油を入れないように気をつける必要があるので、表面にデカく「現金」と書いておく必要があるのと、入れ方が乱雑になりがち、さすがに大きすぎるので領域が余りがち、中身が見えないので減ってないか気になってたびたび覗きがち、といった問題がありそうです。みなさんの全財産は瓶の中に入りますか? 日本人の平均貯蓄額が1万円札で入る、ちょうどいい瓶って何なんでしょう? これってトリビアになりませんかね?

なお私については、今のところ死蔵してある分のインスタントコーヒー瓶で十分な見通しです。何個あるだろう。

初心占い師ほたるのトークを追加しました。ネットワーク更新で取得可能です。
キャッシュレスの時代の話と、小銭の女神様の話。

そして、今さら「節分」の判定関数を導入しました。
今年からしばらくの間、「西暦を4で割って1余る年」は節分が2月2日となることを受けての実装です。

そもそもほたるもマスカレードもロクな情報源を持っていない気がし、それなのに賢しくイレギュラーな節分の日付を判定できるというのもなんだかおかしい気がしましたが、逆に言えば生存戦略のためにはいろいろな情報を得ているはずとも言えるので、まあいいかということで実装した次第です。

せっかくなので2090年までの間は正しく節分の日付を取得できるように実装していますが、2090年以降については実装しておらず、2日だろうと3日だろうと常に節分ではないと判定します。今から70年後となるとおそらく人類は滅亡しており、節分自体が存在しないと考えられるためです。70年後に人類が滅亡しているとする根拠は全くありませんが、そもそも人間が2090年まで存続していたとしても節分という文化が存続しているかはかなり不透明です。結局のところは時の流れに身を任せ、今年の節分が終わったら来年の節分の日付を仕込む、というひとりマニュファクチュア的な発想が最も正解に近いのかもしれません。

あるいはいつか人類が地球上から滅亡したら、あらかじめ宇宙空間にエクソダスしていた我々の子孫が巨大な宇宙船の中で「今日は地球の暦で節分ね。よい子のみなさん、ご先祖様を偲んで、恵方巻きをスピカα星の方向を向いて食べるのよ」とか「それでは宇宙怪獣に向かって鉛の豆を投げに行きましょう。よい子のみなさん、総員健闘を祈る」とか言ったりするのかもしれず、まあ地球の上で節分を節分らしく迎えられる時代であるうちは無邪気に豆を投げていようと思います。自分に。

ところで知る人ぞ知る旧2ちゃんねるの「肉の投げ方教えて下さい。」スレッドを何となく見てみたら、これも2月頃に投げようという話だったんですね。もしかしたら節分の豆は大豆、大豆は畑の肉と呼ばれる、というところになぞらえたネタだったのかも、と19年後の今気付いた次第です。そして2月9日・肉の日に1000に到達させてるのがまたにくいですね。肉だけにね。以上です。